気まぐれ主婦の日常~シンプルが好き

子育て中の主婦の日常(節約、掃除、子供の習い事、ネットショッピング)実体験をもとに書いています。

【カワイピアノ教室・体験談】4歳から5年目突入、ピアノ成長の記録

ピアノの練習イメージ

こんにちは、♢はなはな♢です。

 

今回は、カワイ音楽教室でピアノを習っている 娘と(私?)の成長について記事にしたいと思います。娘の教材で一緒に練習している母親の私も、いつの間にやら、5年目に突入しました。

 

5年目に入り、ふと気づいてみたら、音符を読んだりリズムをくみ取ることが大分楽にできるようになってきました!!!時間かかり過ぎ!?と思われるかもしれませんが、娘も大分、楽譜を楽に読めるようになってきたので、ピアノを続けて良かったと実感しています。

 

ピアノを習わせたい!と思った時に、悩みのタネになる、ピアノ教室選び

 

カワイピアノ教室って、どうなの?と思っている親御さんの 参考になったらいいなぁと思います。

 

 

カワイピアノ教室を選んだ理由や、メリットデメリット

我が家は、カワイとヤマハを体験して、結果的にはカワイを選びました。

 実際に習い始めて気づいた、メリットデメリットはこちらの記事にまとめました。

www.hanasan-okiraku.com

ヤマハではなく、カワイを選んだ理由は、4歳から個人レッスンができることとピアノでレッスンできたからです。

 

ヤマハの方は、幼児のころは、グループレッスンで主にエレクトーンを使うようだったので、 やめました。小学生になると、ピアノでの個人レッスンも始まるようです。

 

娘のお友達は、ヤマハですが、小学生になってからは、グループレッスンと個人レッスンの両方のレッスンをしていると聞きました。

 

習い始めてからの葛藤

習っている途中も、

〇個人のピアノ教室の方が上手になるんじゃないか?

〇ヤマハの方が、絶対音感がつくんじゃないか?

 

本当に、このままでいいのだろうかと、たまにふと思ったりもしましたが、

 

先生との相性も抜群だし、サウンドツリー(カワイ独自の教本)も好きだし

今の先生が教えてくれる間は、ずっと続けたいなぁと思っています。

 

 

カワイ音楽教室は60周年のようですね。こちらに、今まで使用してきた教材などが詳しく載っていました。その時代に合わせて、教材も変化しているようです。

music.kawai.jp

 

心配ごと

大手の教室は、先生が異動などで変わってしまう場合もあるので、急に先生が替わってしまったらどうしよう~( ̄▽ ̄;)

先生が、結婚退職とか、育児休暇で不在になったらどうしよう~(;'∀')

なんて、ちょいちょい 思います。

 

カワイピアノ教室の教材について

先生によっても、微妙に、やり方が変わってくるのかと思いますが、

教材は、基本的に【サウンドツリー】というカワイ独自の教材を使います。

 

〇サウンドツリー

〇おんがくのーと(ワークブック)

〇CD

この、3点セットで学習していきます。

 

【チャイルドソング1~2】 うたの本も、最初はセットになっていましたが、2冊で終わりです。幼児期は、歌にも力を入れている感じです。歌の方が好きなお子さんもいるので、ピアノを無理強いしないための逃げ道?かしら・・・と思ったりも。

 

(だから、ヤマハでは、幼児期はリトミックっぽい感じのグループレッスンを取り入れているのかなぁ。ピアノに興味をもつとは限らないから?)

サウンドツリーについて

サウンドツリー1A~3B

サウンドツリー1A

カワイ作詞の歌詞のある曲ばかりで、歌をうたいながら楽しく学べます。

 

後半には、【メリーさんのひつじ・ぶんぶんぶん】などの誰でも知っている曲が登場して、弾けるのが嬉しかったです。

 

サウンドツリー1B

1A同様に、歌詞付きの曲が多く、簡単なリズムやf(フォルテ)、p(ピアノ)などの強弱についても学びました。

 

メジャーな曲としては、【かえるの合唱・おおきなくりの木の下で・きらきら星・ちょうちょう・チューリップ・かっこう・ジングルベル】などなど

みんなが知っている曲が沢山弾けるようになりました。

 

サウンドツリー2new

歌詞のない曲も、チラホラと自然に登場してきました。(*^^*)

リズムやmf(メゾフォルテ)mp(メゾピアノ)も登場して、ちょっとずつ、音楽の理解が深まりました。

 

後半に弾いたメジャーな曲は、【山のおんがくか・聖者の行進】

知っている曲だと、親の私の方がテンションあがります。自分が子供の頃に歌っていた曲が、どんどん両手で弾けるようになるのが嬉しいです。

 

サウンドツリー3A

この辺から、幼児期を脱出して本格的にピアノの曲を習っている風な雰囲気の内容になりました!!

ピアノ初心者の私は、知らない曲ばかりですが、

A.E.ミューラー 【アンダンテ】

A.ブルックナー 【小品】

D.カバレフスキー 【おかしなできごと】

etc・・・

唯一知っていた曲【河はよんでる】最後に登場して、嬉しかったです。(;^ω^)

 

サウンドツリー3B

現在、前半戦ですが、

F.バイエル 【おもいで】

(バイエル 66番)

久しぶりに、良く聞いたことのある言葉が登場

バイエル

ピアノ初心者が使うバイエルという教本、良く聞きます。作曲家の名前だったのかぁ~なんて、今更知りました。お恥ずかしい・・・

 

バイエルの曲は、3Bで初めて登場しました。

今のレベルは、バイエルの66番が弾けるくらいだよってことですね。

 

早く、ブルグミュラーレベルに進みたい・・・(;^ω^)

 

3B後半に、モーツァルト【メヌエット】を見つけたので、早く弾いてみたいです。

モーツァルトのちょっと難しい曲を弾けるようになるのが最終目標なので・・・

難しい曲に、辿り着くのか・・・非常に心配な今日この頃。

 

これ以降も、

サウンドツリー4A、4B、5A?・・・と進んでいくようです。

 

サウンドツリーの中には、様々な曲が入っているので、バランス良く 必要な曲を学んでいけるように思います。(素人判断ですが(;^ω^))

 

1冊終わる度に、グレードテストを受けています。グレードテストは、普段の先生とは違う、数人の先生がチェックしてくれるテストです。

 

全く知らない先生の前で、一発で2曲弾くという経験ができるので、本人は緊張してますが良い体験かなぁとは思います。グレードテスト代が地味にイタイ

 

基本は、1年で1冊を目標?と思いますが、個人レッスンなので、人それぞれお子さんによって、進み方が変わっていきます。先生も、お子さんのペースに合わせてレッスンされているので、無理させるようなレッスンではなかったです。

(逆に、もっと宿題出して欲しいくらいでした。)

 

また、我が家のように幼児期から始めた場合は、この順番ですが、小学生から習い始めたりすると、別の教材(サウンドツリーJ?)もあるそうです。

別の教材といっても、サウンドツリーなので、幼児期の部分をショートカットできる感じで、途中からは同じように進みます。

 

基本的には、このサウンドツリーが常にメインになって、個人のピアノ教室のように、色々な教材を重複して使うわけではなさそうです。

※先生によっても、少し違うかもしれませんが。

 

発表会や、コンクールの時だけ、サウンドツリー以外の楽譜を使っています。その都度、必要な楽譜を購入して・・・

(幼児期は、サウンドツリーの中の曲で発表するお子さんもいらっしゃいます。)

 

ピアノの教本については、個人のピアノ教室ですと、一人一人にあった教材を使ったり、特別な教本を併用したりして、レベルに合わせて、難しい教本に先に進めたりするので、その辺はちょっと羨ましい気もします。

 

カワイでは、とにかくみんな、サウンドツリーを順番どおりに使うようです。だから、上のレベル(先)に進みたかったら、どんどん次のサウンドツリーに進むしかないかなぁ~・・・と思って、とにかく1曲1曲、花丸をもらって先に進むことが、我が家の目標です。

 

たまには、1曲飛ばしたり、1冊飛ばしたり、できたらいいのになぁ~・・・なんて思うのですが、沢山色々な曲を弾いた方が、まぁ力が付くかもしれないし・・・

※先生によっては、飛ばしたりOKにしているかも。娘の先生は、基本に忠実な気がします。

 

おんがくのーと(ワークブック)について

サウンドツリーとペアになっている、ワークブックがあります。

現在弾いている曲を音符で書く練習をしたり、

 

幼児期は、ドレミの簡単な音符を書いて、音符カードを作り、音符の読みの練習に使ったりもしました。

 

CDについて

CDは、家で聴く用です。

サウンドツリーの練習曲が収録されているので、幼児期は、家でかけ流して耳をなれさせたり、

 

現在は、これから練習する曲を、リズムがわからない時に聴いてみたり

間違っていないか、確認のために 聴いてみたりしています。

 

我が家の成長の記録(教材とコンクールの結果)

1年目(年少)

サウンドツリー1A

発表会で使用した楽譜【サウンドツリー1A】

カワイうたのコンクール 地区予選 奨励賞

 

2年目(年中)

サウンドツリー1B

発表会で使用した楽譜【ギロック ピアノピース・コレクション1】

カワイうたのコンクール 地区予選 入選

 

3年目(年長)

サウンドツリー2new

発表会で使用した楽譜【ギロック ピアノピース・コレクション1】

コンクールで使用した楽譜【風のアラベスク】

カワイうたのコンクール 地区予選 入賞

カワイこどもピアノコンクール 地区予選 優良賞

 

4年目(小1)

サウンドツリー3A

発表会で使用した楽譜【風のアラベスク】

コンクールで使用した楽譜【風のアラベスク】【やさしいかぜ】

カワイうたのコンクール 地区予選 入選

カワイこどもピアノコンクール 地区予選 入賞

 

5年目(小2・7月現在)

 サウンドツリー3B

 発表会・コンクール・・・自粛中???

コロナ関係で、今年は無理そうです。。

 

教本がサクサク進むのが嬉しいので、今年は基礎を充実させる年になればいいと思います。

 

5年目に感じた事

最初にも書きましたが

楽譜が大分楽に読めるようになりました!!

最初の頃は、譜読みだけで疲れていた気がします。

 

そして、両手で弾くまでの時間が、短縮されてる。

右手の練習をして、左手の練習をして、両手で合わせる

という、練習の流れが、大分身についたような・・・

 

最初は、すぐに両手で弾こうとして、全然弾けなくて・・・イライラする!みたいなことがありました。面倒だけど、片手ずつの練習をしっかりすることがとても大切だとわかってきたような。。

 

サウンドツリーの曲が、比較的簡単なのかもしれないけど、何事も基礎が大事ってことで、簡単な曲でいいから、沢山弾いて欲しいと思います。

 

最初は、音符が読めてるのかよめてないのか、かなり怪しかった娘。

 

教えることも多かった。

 

でも最近は、右手はほっておいても、自力でマスターできるようになりました。左手も、だいたい大丈夫だけど、たまに間違う。

それでも、練習がかなり楽になった気がします。

 

【継続は力なり】

 

これからも、親子共に コツコツ弾き続けてみたいです。(*^^*)