free hit
counter

気まぐれ主婦の日常~シンプルが好き

子育て中の主婦の日常から(楽家事、子供の習い事、買って良かった・使って良かった情報)実体験をもとに書いています。

算数の予習復習に困ったら【RISU算数】算数苦手にしたくない人のタブレット通信教育

RISU算数で復習

こんにちは、♢はなはな♢です。

 

小学2年生の娘がいる我が家。

「算数を苦手にしたくない!」という思いから、RISU算数でコツコツ家庭学習をしています。

 

現在、RISU算数(タブレット通信教育)で学習をはじめて10ヶ月。先取学習もできるけど、復習も楽だなぁ~♫と感じます。タブレットは、朝の5分、夜の5分、ちょっとしたスキマ時間に勉強がしやすいです!!

 

RISU算数は、算数に特化した通信教育で、小学校6年生までの算数の先取学習がタブレット1つで可能です。もちろん、復習もやりたい放題!!自分のペースで進められるのが魅力の教材です。

  

 

 

先取学習の進み具合

RISUの効果で、小学校4年生の分数の学習までたどり着きました。

RISU高学年

分数の計算も、最初は簡単~♫と思ったようですが、段々と、難しくなって

RISU算数 分数の問題1
RISU算数 分数の問題2

RISU算数 分数の問題3

休憩が必要そうだったので、復習することに

 

分数の計算をするためには、かけ算とわり算の基礎ができていないと、難しく感じてしまいます。分数に手こずると思ったら、一度戻って かけ算とわり算の理解を深めるのが近道!!に違いない。(*^^*) ※素人意見

 

復習もしやすい!RISU

かけ算の復習

 

かけ算は、ちょうど今小学校で九九の暗記をしているところなので、復習もしやすかったようです。とりあえず、かけ算のステージから適当に選んで復習してます。

RISU算数 かけ算
RISU算数 かけ算2
RISU算数 かけ算3

 

 

今度は、わり算の復習を自分からはじめました。RISUの問題は、スモールステップ徐々に進んでいくので、最初はとても簡単です。ちょっとずつ進んで、いつの間にか難しい問題に進んでいたりします。

 

こちらは、わり算のステージの最初の数問です。

RISU算数 わり算
RISU算数 わり算2
RISU算数 わり算3

イラストもあって、とても見やすいです。

 

「難しい!」と感じたら、ステージの最初に戻って、簡単なところからはじめるとやる気が戻ったりします。そして、理解も深まる!!はず。

 

 復習問題は、自動でも出題されるのですが、自分でも足りないと思ったら好きなところから復習できるので やりやすいです。

 

自動で出題される復習問題は、

〇忘却曲線に沿って、忘れそうな問題を出題

〇過去に間違いの多かった問題から出題

 

RISU算数 低学年

 

RISUは、ステージ1~94まで、ゲーム感覚でクリアすると先に進める システム

1ステージの中に、問題シートが25個あります。

 

わり算の復習がしたかったので、

ステージ33 わり算①と表示されているステージを選んで、自分で復習をはじめました。

RISU算数 ステージ33 わり算①のシートの中身

既にクリアしたステージなので、☆マークや点数が入っています。

全部で25個の問題シートに分かれているので、横1列の5個ずつやるようにしています。

 

忙しい時は、問題シート3個分にしてみたり、我が家では時間ではなく問題シートの数で今日のノルマ(目標)みたいなものを決めています。

 

復習でも予習でも、とにかく毎日少しでもやるのが 力がつくコツかなぁと思います。簡単な計算でも、毎日少しでもやるのとやらないのでは、違うのかなと。

 

子供は覚えるのも早いし、忘れるのも早い!!だから何でも コツコツ継続していくしかないのかなぁと思います。

 

タブレット学習は、スキマ時間で復習もしやすくて助かります。

 

書店のドリルだと、何冊かに分かれてしまうので、出すのが面倒になって復習しなそうな娘。

タブレット1台で全部学習できるのは楽ですね。

 

毎日届く教材だったり、書店のドリルを片付ける手間もなく・・・

 

ズボラ親子と忙しい親子にはもってこいの、通信教育です。(*^^*)

算数だけ!というシンプルさも、良かったりします。

 

躓くと、その先の学習にも影響が出がちな算数。低学年のうちから、基礎をしっかりおさえていきたいです。

 

 

>>人数限定! RISUお試しキャンペーン | リスジャパン株式会社

※クーポンコードの入力で1週間のお試しが可能です。 クーポンコード「hok07a

 

 

 RISUの詳しいレビューはこちらに、気になる!と思ったらぜひ読んでみてくださいね。

www.hanasan-okiraku.com