【公文KUMON・算数】4年生から始めた感想と進度をレビュー【6か月】

スポンサーリンク
公文2教科3か月目

こんにちは、♢はなはな♢です。

子供が小学4年生から、公文KUMONを始めてみました。以前、国語の進度についてブログに記録したのですが、

こちらの記事では、算数の進度について記録するとともに ご紹介したいと思います。

中学受験をする場合には、「4年生から公文を始めるのは遅い」という考え方もあるようですが、我が家の場合は、中学受験しない方向で考えているので

〇算数の基礎力強化

〇計算スピードアップ、ケアレスミス防止

〇できる範囲での先取り学習

この3点を養うつもりで、くもんを取り入れたいと思っています。

スポンサーリンク
目次

4年生からの公文(算数)どのレベルからスタート?

公文で学力診断テストのようなものを受けた結果

B教材(小2レベル)からのスタートとなりました。

なんと(;’∀’)、算数得意と思っていた娘(本人も算数に自信ありでしたが) できてなかったようです。

公文は、あえて簡単なところからスタートして、スモールステップで進んでいくスタイルのようなので、これはこれで 2年生からの計算の復習になるので良かったです。

公文の算数B教材

簡単なところからのスタートで、娘も嫌がらず 宿題もサクサク進み

我が家には合っているようです!

公文の算数、つまづく可能性【つまづきそうな場所】

公文では、繰り上がりをメモしないで計算するように 指導されます。

ひっ算の計算式なども、省略する方針なんですね。

公文の算数C教材1
公文の算数C教材2
公文の算数C教材3
公文の算数C教材4

今まで、学研に通っていた娘、しっかり繰り上がりをメモしたり

親の私も、間違え防止のために 「メモをしまくりなさい!」みたいに伝えてきました。(;’∀’)

学校でも、書く方向で習っていると思いますが

公文だと、なるべく頭の中で 記憶して 答えを書かせるようです。慣れれば、その方が速いし、子供の能力的にも無理ではないらしい。

私自身は、そろばんを習っていたので 簡単ですが

娘はそろばんを習っていないので、大変かなぁ~~~と思いました。

ところが、意外と問題なく できているようで

そろばん習っていない割に、よく計算できているなぁと感心。

※一時期、算数のタブレット学習のRISU算数で、ストイックに計算しまくったので役に立ってるかも。2年弱学習して、5年生くらいの内容で解約しました。算数得意!という意識づけに大いに貢献してくれた通信教育でした。(*^^*)

タブレット学習+東大生らの個別フォローで一人一人にぴったりの学びを【RISU】

公文の算数、4年生から始めて3か月目の進度

B教材(小2レベル)スタートの公文の算数3か月で無事に

D教材(小4レベル)現在の学年に到達しました!

良かった良かった。ここからが本当のスタートです。

(*^^*)

200枚で、ひと学年の内容のようです。

1日に5枚(両面)づつ学習しているので、400枚÷5枚=80日で終わる。

復習なしで、どんどん進ませてもらえたので、無事に4年生レベルにたどり着きました。

苦手なところなどがあると、復習も入るので もう少し時間がかかったりしそうです。

公文・算数D教材(小4)ここで苦しんだ!(追記)

公文算数D教材・商2桁以上のわり算
公文算数D教材・約分

公文を始めてから6か月経ち、間もなくD教材(小4)卒業というところです。娘が躓きが目立った学習は、商が2桁以上のわり算と約分です。

間違えたプリントは、復習が続きます。D200まであとちょっとですが、進みが悪くなってきたかなと思います。

公文KUMONの算数メリット・デメリット

良かったところ

〇計算スピードがついた!

習う前から、遅い方ではなかったけれど

更に、スピードアップして、早く計算するコツもつかめてきたのかなっと思います。

スマイルゼミでタブレット学習もしており、計算ドリルでタイムを計れるのですが、前より速くなったそうです。

計算が速くなった分、間違いが増えている という訳でもなく 今のところは大丈夫そうです。今後どうなるか・・気になるところですが

公文の算数、ここが心配

心配なところは、やはり 速さ優先にしたことで、ミスが増えないかどうか、ですね。

今後注意深く、見守っていきたいと思います。

あと、文章問題嫌いにならないか 心配です。

算数の文章問題や、図形を家庭学習で取り入れていかないと その辺の能力だけ落ちていきそう。

夏休みに挑戦した、スマイルゼミの学力テストでは、やはり図形の問題のミスが目立ちました。

おわりに~公文の宿題がネックと思っていたけれど、そうでもなかった!

公文を始める前は、毎日の宿題ができるかどうか・・心配でした。

でも、実際にはじめてみると 意外とサクサクとスムーズにできるので、本人も嫌がっていないし、学研の宿題より ササっとやってくれるので、親の私も怒らずにすんで助かっています。

今は、公文やってみて良かった!と思います。

今後、難しくなると また状況も変わると思いますが、子供の学力向上を間近で感じることができて 日々嬉しく ちょっとわくわく 楽しいです。

(*^^*)

楽天市場で見つけた、インド式掛け算の表

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次