気まぐれ主婦の日常~シンプルが好き

子育て中の主婦の日常(節約、掃除、子供のこと、ネットショッピング)買って良かった、使って良かったものの報告など。

お風呂の蓋の掃除【掃除が簡単なお風呂の蓋はコレ!】パネルタイプのメリットデメリット

掃除中のお風呂のふた

こんにちは、♢はなはな♢です。

 

今回は、気が向いたらやる!お風呂グッズのオキシ漬けお風呂の蓋をメインに、気になるところを仕上げました。

 

 

前にメインで仕上げたのは、バスチェア

 前回のオキシ漬けから、3週間くらい経っていました。この時は、バスチェアの黄色い水垢が気になって、オキシ漬けの後に、メラミンスポンジで集中攻撃しました。

 

www.hanasan-okiraku.com

 

今回は、オキシ漬けの後にお風呂の蓋を狙い撃ち!!

使用したお掃除道具【オキシ漬けの残り湯+マイクロファイバークロス】

お掃除の概要

① 前日のお風呂の後に湯船でオキシ漬けを始める。

(私の場合は、オキシクリーンは付属のスプーンで3倍程度)

 

② 翌日、マイクロファイバークロスで磨く。

わが家のお風呂の蓋は、このタイプです。

パネルタイプのお風呂の蓋(表)
パネルタイプのお風呂の蓋(裏)

表は白で、裏側は銀色

 

パネルタイプの【お風呂のふた】良いところ

〇平べったいので、とにかく掃除がしやすい!!

〇乾かしやすい!

パネルタイプの【お風呂のふた】デメリット

〇周りのゴム部分に、黒カビが発生する可能性がある。

〇平たい部分は、キレイだけど、淵に汚れが溜まりやすい。

〇お値段が高め

 

掃除のしずらい部分はココ!

パネルタイプのお風呂の蓋の汚れやすい部分

この、淵のつなぎ目に汚れが付きやすいのです。細かい部分なので、掃除がしずらいです。

 

でも、

マイクロファイバークロスで細かいところの掃除

こんな感じで、マイクロファイバークロスで爪を立てて磨くことで、大分キレイになります。(*^^*)

 

キレイになった、お風呂の蓋の細かい部分

地道に、オキシ漬けの残り湯を使いながら、お掃除すると気にならないレベルまで汚れが落ちました。

写真はまだ掃除途中ですが、段々キレイになります。

 

疲れるので、ほどほどに・・・

 

定期的にオキシ漬けをするようになってから、どんどんキレイになってます。1度でキレイにならなくても、次のオキシ漬けの時にまた磨くを続ければ大丈夫です。

 

掃除がストレスになった、以前使っていたお風呂のふた

 このタイプは、とにかく掃除がしずらい。

それが嫌で買い換えました。

 

このタイプの良いところは、クルクルと丸めて、コンパクトになる点。

 

私が絶対おすすめなのは、やっぱりパネルタイプです。

お掃除しやすいし、乾かしやすいと思います。

ちょっと重かったり、3枚使うので、1枚ずつどかしたり、広げたり、その辺が面倒ですが・・・

 

 

 おわりに

わが家は、掃除のしやすいふたに買い換えましたが、初めからオキシ漬けを定期的にしていれば、どんなふたでもキレイに保てるかもしれませんね~。

 

オキシ漬けにもっと早く出会っていたら、買い換えずに済んだのかなぁ。。。

 

 でも、お気に入りのものを長く使うことが、ストレス解消にもなり、使うたびに心がときめいたり?見るたびに惚れ惚れするのでおススメです。

 

本日も、おつきあいいただき

ありがとうございました。(*^^*)

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

www.hanasan-okiraku.com

www.hanasan-okiraku.com