free hit
counter

気まぐれ主婦の日常~シンプルが好き

子育て中の主婦の日常から(楽家事、子供の習い事、買って良かった・使って良かった情報)実体験をもとに書いています。

パナソニックのドラム式洗濯機エラーコード【H35】、修理代はこうなりました!

パナソニックのドラム式洗濯機、エラーH35

こんにちは、♢はなはな♢です。

 

パナソニックのドラム式洗濯乾燥機を使用しています。

夜に、タイマーで洗濯から乾燥までの全自動洗濯をセットしているのですが、

 

朝起きてみたら、見慣れないエラーコードが、チカチカと点滅・・・

35交互に表示されていました。

パナソニックのドラム式洗濯機エラーコードH35
パナソニックのドラム式洗濯機エラーコードH35

 

そして扉を開けてみると、いつもは乾燥まで終わっているはずの洗濯ものが

びしょ濡れで、ロクに脱水もされていない状態・・・

水は流れていました。

 

そんな感じで、まずは取説の確認から 最終的には修理をしていただいたので、その流れや修理代などについて ブログに記録したいと思います。

 

 

まずは、取説でコードを確認!H35ってなんだ?

パナソニックドラム式洗濯機・取説で、エラーコードの内容をチェック

「点検・修理をご依頼ください」

ありゃぁ。。。有無を言わさず、もう修理を依頼するしかないのね。

 

あとから、ネット検索しましたが、ドラムを回すゴムベルト?チューブみたいなのが外れているらしい。洗濯機の背面側を開けて、作業しなければなりません。

 

この洗濯機いつ買ったっけ???購入日と保証の確認

保証のチェック

ヤマダ電機の無料長期保証

ヤマダ電機無料長期保証6年ギリギリ期間内!

我が家の場合、メーカー保証1年に+ヤマダの保証が5年ついていました。

購入日などをチェックしてみたら、ギリギリ保証期間内だったので、

 

保証書に記載されていた、ヤマダ電機のお問合せ窓口に連絡することに。

 

この手のフリーダイヤルって、いつも混みあってますよね。

いつも待ちくたびれて、イラっとしている私ですが

 

今回は良かった!!!スマホからWEBで、ヤマダデンキ修理サポートセンターへ必要事項を入力して登録することができました。

(*^^*)

(フリーダイヤルに電話したら、スマホからの依頼もできるということで、SMSでかけた携帯電話にWEB受付のアドレスが送ってもらえる。)

 

①11時くらいに、WEBから修理の連絡(登録)をして

※氏名や、ヤマダデンキの無料保証のナンバー、洗濯機の型番等 入力が必要です。

 

②14時過ぎに、電話がかかってきました。

そこで、障害の状況をもう一度話して、修理に来てくれる日を決めました。

 

さすがに、当日は無理で 私の場合は、翌日の枠が1件分空きがあるということで、その枠を抑えていただきました。おおよその費用も言われ、現金払いしかできないと説明を受けました。(´;ω;`)

 

保証期間だけど・・・修理代ってどうなるの?

購入から4年過ぎていたので、無料になるのは技術代だけ!!!

だそうです。

実費になるのは、出張費・交換した部品代など

 

修理日当日

朝のうちに電話があり、何時ころ訪問してくれるのか時間帯を言われます。

電話がくるまで、ちょっとソワソワ。

 

我が家の場合は、午前中に来てくれることになりホッとしました。

 

作業は、1時間前後。

洗濯機を動かした際に、埃がすごかったので、掃除させてもらいました。(;^ω^)

 

交換した部品と費用

ゴムベルトが見事に外れていて、洗濯機をどかしたら 落ちてました。。。

ゴムベルトが伸びて外れちゃった?

洗濯回数が多いと、消耗も早いみたいです。

 

ゴムベルトだけ交換かと思ったら、

モーター?も交換するそうで。。

 

部品代 計 12,000円

出張料   2,500円

消費税込みで、 15,950円

現金払いでした。

カード払いもできると便利なんですがね。

 

ヤマダの長期保証に入っていない場合、技術料もプラスされて

トータル3万円くらいになったようです。

 

長期保証、はじめて役に立ちました!!!

 

おわりに~次に壊れそうなのはどこ?

他に、良く交換している部品を聞いてみたら、乾燥関係の部品でした。

名前忘れた。(;^ω^)

それも、費用は3万くらいかかるようです。

 

お気に入りの洗濯機だから、大事に長く使いたいけれど

 

洗濯機がなおったので、今日は洗濯三昧です。

酷使して、また壊れないか・・・ちょっと心配ですが。